2018年7月17日 (火)

今の家の中 昨日から家で食事を作ることにしました 心配な錦鯉ちゃん


床上浸水になった

家の中は

もう私達で出来る事は

ほとんど終わって


あとは

大工さんの仕事待ちです


1階の床を全部

張り直して貰って


クロスも一部

張替予定


被災してすぐに

大工さんに

お願いしたのだけど

着工は来週から〜@@


まだまだ

当分

2階の一間暮らしです


今の1階は

こんなんですよ


家具も乾かし中

和室は二間とも

こんな感じで

襖や障子も張替です

フローリングも張替で

床下を乾かすために

一部床を切って貰って

扇風機を逆さまに入れて

床下を乾かし中

洗面所の床も

切って貰ってます

ここが〜

まだビショビショなの(泣)

キッチンは

床下収納を外して

業務用扇風機で乾かし中


今まで

床上浸水後の

片付けが忙し過ぎて

食事は

ごく簡単な物しか作って無くて

ほとんど

買って来るか

外食だったのだけど

昨日から

普通に食事を作ることにしました


ただ

キッチンの真ん中に

穴が開いているので

落ちないように

気をつけながらの料理なので

とっても作りづらいの〜@@


立っている床が

少ししかないので

カニ歩きで料理してるんですよ

庭池の水も

だいぶ綺麗になりました

でも

錦鯉ちゃんたちは

体調が悪そうで


あんなに汚い

汚泥の中に居たから

病気にならないか

心配でたまりません

応援してもらえたら

嬉しいな〜


?

?ごめんなさい

コメント欄 閉じています

井の頭恩賜公園 と 吉祥寺【 其の六(吉祥寺の歴史)】

このシリーズで最初「 吉祥寺が住みたい街ランキング 」で常に上位に有る事を書きました。  昔から そうだったのか 少し時間を遡ってみましょう。
江戸時代初期の絵図「 正保国絵図 武蔵国 」で 吉祥寺周辺を拡大して見ると 人が住んでいる処は楕円形で描かれているのですが、井の頭池 周辺では 水があるにも係わらず 人が住んでいる印が見当たりません。  最初の絵図を拡大して捜してみて下さい。
これは最初に書いた階段( 七井橋通りから井の公園に下りる段差 )が大きく影響をしているのです。
池が窪地にあり、水が有っても 当時の技術で、田畑に必要不可欠な水を確保する事が出来ず、単なる池のみの存在だったのです。  その後、江戸の人口が爆発的に増え、江戸市民の飲み水を確保する為に「 神田上水 」を造り、更に「 玉川上水 」を造りました。  「 玉川上水 」は 高い土地に位置していたので、その水を分流として貰い、初めて 農地としての開墾が進みました。  それにより徐々に人が集まって住み始めたのです。 
これだけでは 大きな村、更に町には発展しないのですが、明暦3年( 1657 )に起きた大火事で、江戸市中( 城、大名屋敷、市街地等 )の大半は火事で跡形も無くなってしまいました。
幕府はこれを機に町の整備にのり出します。  その計画の一つとして 焼け出された人達の移住です。  現在の水道橋付近にあった「 吉祥寺 」というお寺が消失し その近辺の住民も家を失いました。( 正保国絵図 武蔵国も再度参照して下さい )
幕府は 万治2年( 1659 )この人達を 玉川上水の北側に 約60軒程 移住させました。
その際 移住先の村の名前を、住んでいた「 吉祥寺 」にあやかり「 吉祥寺村 」と名付けました。  ですから 現在の吉祥寺には 吉祥寺と言うお寺は存在しないのです。  江戸はこの様にして「 火事 」が発生した後の 整備として 人を移住させ どんどんと 大きく発展して 100万都市 と成長していくのです。
その後 「 吉祥寺村 」は如何に発展していったのか。  そのヒントが 現在の地図から見て取れます。  五日市街道を挟んで 南北に走る細長い直線道路と家があります。  これは江戸時代の住まいの痕跡で、現在の「 五日市街道 」沿いに 幕府は短冊状の土地を 移住者に与え開墾させました。   大小ありますが、例として、1軒の土地が 幅20間( 36m )、奥行き 634間( 1?140m )が上げられます。  住居を街道沿いに建て、その後ろを農地としたのです。  これだけの土地を与えられると、こぞって 移住したくなりますよね。
明治32年( 1899 )になって、甲武鉄道( 現在のJR中央線 )が「 新宿 − 八王子間 」に敷かれ 現在の吉祥寺駅が出来 益々発展することになります。  歴史的に、街道に直角に家が並び、その後「 甲部鉄道 」がそこを斜めに横切って 鉄道中心となったので 地図を見ると 家の並び、道路が 現在の中央線に対して斜めになっているのです。
これって 今の 横浜中華街にも当てはまります。  横浜中華街は 海岸に対して平行に作られたので 上から見ると 家と道路が斜めになっているのです。
当初 甲部鉄道の「 吉祥寺駅 」は 五日市街道と交差する辺りに作られる予定だったのですが 住民の大反対に会いました。  ところが 明暦の大火で 同じく引っ越してきた 安養寺、光専寺、蓮乗寺、月窓寺 等は、境内の敷地を駅を作るのであればと 土地の提供を申し出たのです。
こうして現在の地に「 吉祥寺駅 」が開業しました。
下の2枚の写真は 明治13年 と 昭和2年の 吉祥寺近辺の公図です。
17年後の大正6年( 1917 )に 「 井の頭恩賜公園 」が開園し、町は観光客で賑わうようになります。  その後 関東大震災で、被害が少なかったのに着目して、更に 移住が盛んに成り、人口が膨らんだのです。  
短冊状の土地は その形から分譲がし易かったので次々と人が移住し、更に 駅周辺は門前町だったので市が開催され商店街が栄える事になるのです。  ですから 今でも 吉祥寺駅の北側は 商店や飲食店が多いのです。
以前「 山ちゃんの徒然日記 」の中で「 連雀町 」の事を書きました。  これも 吉祥寺と同じで、神田藪蕎麦の近くの人達が大火の後 三鷹市の南に引っ越し「 上連雀 、下連雀 」と名乗ったのと同じです。
こうした事から 吉祥寺は 大きくなると共に、武蔵野の面影も残っているので 人気が今でも高いのです。  確かに 商店街は活気がありました。
この写真は昔の「 ハーモニカ横町 」です。
写真の一部は「 ブラタモリ 吉祥寺編 」のハードコピーです。
この後 吉祥寺名物、「 いせや 」の焼き鳥を買いに行きました。  この話は明日です。

きのこたけのこ国民総選挙

もちろんに投票したよ!みんなもたけのこ党を応援しよう!

ケータイとエアコンの使い方のお勉強 - バラ園日記

昨日は世間では3連休の最終日だったようですが・・・バラ園の仕事は花切りだけやって来ました。

帰宅したのが8時半を少し回ったぐらいの時間で部屋に入ると快適な温度。

朝、起きたのが3時前でその時の温度が33℃もあったので起きてから真っ先にやったのがエアコンのスイッチを入れること。

で、仕事に出かける時もスイッチは入ったままだったので帰宅した時も当然エアコンが稼働中だとばかり思っていた。

ところが・・・ガラス戸を見るとご覧のように開けっ放しにしているので奥方にこれではエアコンに効きが悪くなってしまうと文句を言った。


すると奥方から「エアコン使ってませんけど・・・」と返事が返って来たぢゃまいか。

「アメダス」でその時の気温を確認してみると30℃ぐらいでこれならエアコン使っても使わなくても一緒ですな。


と、いうことでそのままエアコンのスイッチを入れることなく茶の間でテレビを見ていたんですが・・・だんだん暑くなって来たので温度を確認してみると32℃以上もあるぢゃまいか。


これはいかんということでエアコンのスイッチに手を伸ばしますが・・・先日のこのブログでも紹介させていただいたように温度設定に頭を悩ます。

何とか上手い方法はないものかとリモコンのボタンの押していると・・・「自動」の二文字がディスプレイ上に表示された。

これは一体どんなものなのかとネットで検索してみると


エアコンが自分で判断して最適な温度になるように動いてくれるらしい。


で、その時の標準温度というのが暖房の時が17℃で冷房の場合は28℃なんだとか。


リモコンを確認すると標準温度があって


そこから1℃刻みで


最大6℃まで上げることが出来る。


と、いうことは30℃以上の温度に設定できないという課題は解決ですな。

早速「+5℃」に設定してスイッチを入れてみましたが・・・いつまで待ってもここまでしか上がりません。


どうやら「+」は暖房の時で冷房の時は「−」だけが反応する仕組みになっているようですな。

せっかく上手い手を見つけたと思ったんですが残念でした。

エアコンのことはこれであきらめてお次は新しいケータイについて使い方のお勉強ですが・・・「取説」を読むのは面倒なので付いているボタンを片っ端から押してみることにいたします。


その結果として・・・カメラは何とか使えるようになったし


コンパスの機能が付いていることもわかり


歩数計は単純に歩数だけで距離の表示がないけど歩幅を掛けてやればいいだけのことなのでOK・・・牧場。


他にもこんな機能があることがわかり・・・使いこなせるかどうかは別としていろいろな機能があることを知った。


取説読むのは面倒なのでこれからもネットで調べて行くことにいたします。

今朝は起きて茶の間に来てみると部屋の中がずいぶん涼しかった。

「もしや・・・?」と思ってエアコンに目をやると案の定運転ランプが点いていました。

私が寝たのは8時前ですからこれはもう完全に奥方の消し忘れ。

で、スイッチを切ったらとたんに暑くなりました。

窓を開けても入って来る空気が生暖かい。

いつまでこの暑さが続くのか・・・?

早く冬にならないかとマジで考える今日この頃です。

大相撲名古屋場所 ( ブログバトン )

名古屋の夏の風物詩である名古屋場所…
名古屋城郭の石垣の前に勢いある文字とカラフルな後援会などから寄贈されたのぼり旗が夏風にたなびく…

2018年7月16日 (月)

ildesiderioORTAGGIO友人とランチ

毎日、暑いですね。
先日は東京から高校時代の友人が来たので
久しぶりに食事をしました。
(友人の記事はこちら)
阪急梅田の
ildesiderioORTAGGIO
イルデジデリオオルタッジョ
イタリアンのコースを
いただきました。
色鮮やかな前菜
このバーニャカウダソースは
ニンニクを使わず
茄子とアンチョビで
作ってるそう。

あっさりして美味しかったです。
相変わらず海外国内出張を

こなしながらも
旦那さまとあちこち海外にも行き
精力的な彼女。
でもさすがにちょっと疲れたと。
そりゃそうだろうと思うけど
無理しないでねは
彼女にとっては意味のない
言葉なので言えない(苦笑)
私は学生時代の友人とは
ほとんど会っておらず
この友人くらいかも。
社会にでてから
出会った人達の方が
気が合う。
学生の間は自分の事を
理解できていなかったから
そうなっているのかもしれない。
職種も私と同じ人は

あまりいないしね。
学生時代の友人って
あまり会ってないなあと
私がつぶやくと
彼女が私もそう。だってこれからは
残された時間は少なくなっていくから
会いたいと思う人にだけ会いたいと。
そうかもね。
わがままかもしれないけど
大切な人にこそ時間を割き
大事にしたい。
私もそう思ってしまう。
ランチの後はいろいろとお店をのぞき、
阪急梅田で開催されている
ルイィトンの
Thecapsule展も見てきました。
(無料です)
こういった催しが

大阪でも見れるのは
嬉しいですね。
ここでは市川海老蔵さんのために
作られたィトンのスーツケースや
サッカーボールも見れます。
8/1まで展示されてます。

コペンナンバー交換

コペン、白ナンバーに(番号も変更)

同窓会?

「幾つになったの?」 いや全員同じ歳だからw

中学聖日記

中学聖日記が、、、、実写化だと!!!!

生き抜きファミリー

おはようごさいます。海の日だが今日も生き抜くぞい!

«お姉様に叱られる ニャン