« “特別”を捨てて“普通”を選ぶことが、そんなに大事なことか? モーガン・マシューズ監督「僕と世界の方程式」(2014)。 | トップページ | 32年前の事故の日航便と今日の全日空3 »

2017年8月12日 (土)

豪快マダム。

今日は朝からユリさんのダンスのメンバーが全員この
仕立て屋さんに集合。

朝からテイラーで何をしているかといったら、衣装の採寸。

明日アリゾナでのヒップホップ大会に向かおうとしてる
ダンサーたちがここで採寸。5日に予選だというのに
2日の時点で衣装がない。

ありえない。わたし的にこういうギリギリすぎることは絶対にヤダ。

7月31日にチームの先輩から衣装のダメだしがあって
8月1日朝から衣装探しに奔走したメンバー。夕方になっても
思った衣装が見つからず、メンバーの1人に大層なお金持ちの
おぼっちゃまがいて、そのお母様が結局ナイキの服を
ごっそり10人分購入。

上の写真のお店はそのお母様の御用達なんだとか。
そこへナイキの服を持ち込んで、さらに
別の布も買い足して仕立て屋さんに10人分のオリジナル衣装を縫ってくれ!と
ごり押ししたらしい。

明日出発するダンサーには当然渡せないわけで、仕立て屋さんには
4日までに衣装を完成させてアリゾナまで届けてくれ!という注文までしたそうだ。2日に採寸して4日にアリゾナ?!

この無理すぎるお願いを、仕立て屋さんはいくらでひきうけたのか
知らないけれど、お金持ちごり押しマダムがいなかったら
今回の大会どうなっていたことやら。。。。

衣装を着て1度も練習しないまま大会に出るメンバー。もう
スリリングすぎ!

« “特別”を捨てて“普通”を選ぶことが、そんなに大事なことか? モーガン・マシューズ監督「僕と世界の方程式」(2014)。 | トップページ | 32年前の事故の日航便と今日の全日空3 »